新規開業何でも相談コーナー

法人と個人ではどちらが得ですか?

税金のことだけを考えれば、所得税率と法人税率のどちらが高いかで考えます。
所得税は累進課税ですので所得が多くなれば税率も高くなります。 一方法人税は、所得が800万円以下であれば18%と低くなっています。(中小企業に限る)  仮に今年の所得が800万円であったとすると、所得税では約15%となりますので、個人の方が得ということになります。18%の分岐点は、約1,000万円となります。
これ以外に市民税・県民税・事業税のことも考えて検討しますので、一度ご相談ください。
創業の夢をお手伝いします

法人と個人では何が違うのですか?

税金については、上記でふれました。
一番大きな違いは、代表者が給与(役員報酬)になることです。
個人事業では、家計と事業の財布が同じになりがちですが、法人でははっきりと区別されます。別の言い方をすれば、代表者も給与所得控除が使えることになります。
次に交際費に制限がかかります。個人事業では支出額がそのまま経費ですが、法人では支出金額全額が経費にはなりません。

節税について教えてください?

節税にはいろいろありますが、 個人の方は、  小規模企業共済がお勧めです。
これは代表者の退職金の準備のことです。毎月定額を支払い、その金額は全額経費(所得控除)となり、将来年金として頂きます。国民年金基金も同様です。
法人の方は、 民間保険を使った、退職金の準備をお勧めします。全額経費となるもの、半額経費となるものとタイプはありますが、将来に退職金の準備ができます。

税務調査について教えてください?

税務調査とは、 税務署又は国税局が、御社の申告について適正かどうかを調べに来ることです。 主に売上高・仕入高・外注費・人件費・接待交際費等を調べます。
そこで、適正であれば問題なし。不適切であれば修正申告となります。
※平成25年1月以降の調査手続きに変更部分があります。
変更点など詳しいことはお問い合わせください。

☆ご質問・ご相談は03(6425)7440税理士 柴田博壽までお願いします。☆

経営アドバイス・コーナー
BESTビジネス 3年無償ホームページのご利用はこちらから
柴田博壽税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

東京税理士会所属

お気軽にお問合せください。
柴田博壽税理士事務所
TEL:03-6425-7440
shibata-hirohisa@tkcnf.or.jp